MENU
カテゴリー
MAKI
このブログを書いた人
カメラって楽しい!
そんな気持ちをぶちまけたくてブログにしてみました。
2人の息子、夫、犬猫4匹と暮らしています。

最低限やってほしい!ジメジメ時期のカメラ・レンズの保管方法!

こんにちはMAKIです!

これを書いている今年2020年はコロナウイルスが世界的に大流行。

緊急事態宣言で家に引きこもり、最初こそフィルムカメラでおうち写真を撮ったりしていたものの…だんだん引きこもり生活で心の余裕がなくなり…カメラを触らなくなっちゃんですよね。

そして気がつけば7月!今現在梅雨真っただ中でお日様を何日も見ていません!

家で久しぶりにオールドレンズでも使ってみようかな…。

ん…?

Maki
Maki

私、3ヶ月くらいレンズ触ってない

カメラLOVEの人からすれば罵倒されるくらいダメなこと(たぶん)

カメラをいつも部屋のどこかに放置してる人は
「え?それの何がダメなの?」

後者の人は今すぐカメラを抱っこして、なめまわすようにチェックしてあげてください。

目次

マイお手入れグッズ

カメラ君
カメラ君

最低月1回はお手入れを!

偉そうに言いましたが、3ヶ月忘れてた上にお手入れグッズこれしかない…。

これは黒い方がブロアーといって、丸いところを押すとブラシ部分から空気が出て、カメラやレンズの細かいホコリとかを飛ばせます。カメラ以外にパソコンなどでも使えます。

カメラを使った後など一番最初に大まかな汚れ、ホコリを取るのに使われます。上級者はカメラ内部にも使ったりするのかもしれませんが、私は怖くてできません…。

レンズにもまんべんなくかけてあげます。伸び縮みするズームレンズは、その筒部分にホコリや砂などが付着してることもあるので、伸ばした状態でも縮めた状態でもお掃除してあげてくださいね。

水色の方はクリーニングクロス

私はいつもこれでレンズをハ~ッ(息)てして、ふきふきしてました…。
本当は息を吹きかけて湿気を与えない方が良いみたいなので、推奨しません。←

カメラやレンズを全体的に拭いたりもしてます。液晶もキレイに拭けます。

他のお手入れグッズはどんなものがあるのか

クリーニングペーパー、クリーニングリキッド

クリーニングペーパーとリキッドが欲しい。

その名の通り、クリーニングするペーパーと洗浄液なんですけども。Amazonレビューとか見てみると拭きムラがでないと評判なんです。

欲しいとか言ってないで買った方がいいので、書きながらポチりました。2つ買って600円弱です。なんで今まで買わなかったんだろう。

最初からクリーナーにアルコール成分が配合されている商品もあります。

まれに、中身が乾いていて使えないんですが…というレビューがありました。

たぶん一枚一枚が薄~~いので、こまめにお手入れしないズボラな私は自分で保持してるうちにカピカピにしちゃうかも‥‥てことで、FUJIFILMの方にしようと思います。

でも、こちらも持ち運びに便利だから欲しいな~~

 レンズペン

あとは前から気になってるレンズペン。


画像引用:Amazon HAKUBAレンズペン商品ページ

レンズについた指紋や汚れをササッと拭ける優れもの。

その名の通りペン型なので持ち運びも便利で、外の撮影で汚れが気になったらすぐ拭ける…。

撮影してて、子供なんかが触っちゃって指紋が~~なんてことあるんですよね。あとは自分でふいに触っちゃったり。

とりあえず繊維がつかなそうな素材の服なんかで拭いたりするんですが(…)、あんまり綺麗にならないんですよね。

…なんだこれ最高に便利だな。ん~~Amazonで約2,000円か。便利だけどクリーニングペーパーで事足りそうな気もするし、他に欲しいものもあるからちょっと保留!

どこに保管してますか?

私の場合ですが、FUJIFILMのカメラと現行レンズは防湿庫、フィルムカメラとオールドレンズはドライボックス、入りきらないフィルムカメラがその辺に放置されています(汗)

カメラ君
カメラ君

えっ‥汚‥‥。

お目汚しスミマセンが、my防湿庫です。

東洋リビングの防湿庫で、たぶん77Ⅼの容量です。庫内をいつも40%くらいに保ってくれています。

普段全然気にかけてなかったけど、いい仕事してるなぁ…!いつもありがとう!

この中にざっとカメラが3台(1台この撮影に使ってるので入っていないけど)、写ルンですが2個、レンズが4本、フィルムが18本、その他小物が入っています。

(その他小物はよく考えたら防湿庫に入れる必要ないな…)

でもでも、カメラ始めたばっかりの人やなんとなくカメラを持っているだけの人って、こんな防湿庫買わないと思うんですよね。防湿庫は沼に浸かってから!

そんな時はお手頃サイズのドライボックスというものがあります!


画像引用:HAKUBA 防湿・保管アイテム

価格は9.5Lの物で2,000円ちょっと。中に入れる乾燥剤も買うと2,500円前後というところでしょうか。色は白もあります。白は少し可愛い感じ。

カメラやレンズがカビてしまった時のメンテナンスにかかるお金と比べたら、だいぶお得です。

カビさせたことがないので修理代金が気になり調べてみたのですが、やっぱり最低5,000円くらい、カビの程度によっては数万は覚悟した方がいいかもしれません。

ドライボックス、実は私もオールドレンズを入れるのに使っています。

オールドレンズが少ない頃は一緒に防湿庫に入れていたのですが、数が増えてきたのとオールドレンズに微細なカビが生えている場合、防湿庫内のレンズ全部に感染するとカメラ屋さんに言われ(もう手遅れじゃね?)、使ってなかったドライボックスを引っ張り出してきました。

こちら冒頭にあったように3ヶ月ぶりくらいに開けてみたら…

上:古い防カビ除湿剤 下:未使用

左:古い防カビ除湿剤 右:未使用

フタが半開きの時もあったようなないような‥‥とにかく防カビ除湿剤がパンッパン。

自分でも忘れていたのですが、昨年の12月に設置したものでした。

慌てて新しいものと交換。

一応メーカーでは有効期間4~12ヶ月(平均8ヶ月)とあるので、ほぼ平均通り!

袋が丸くふくらみ、手で振ってカサカサという音がしなくなったら効力を失っていますので新品とお取替えください。

とのこと。はーい、まさにそのとおりでした!

忘れないように、またマスキングテープで使用開始日を書きました!

これからカメラを長く使っていきたい、カビさせたくはない、売るときに高く売りたい!という人は、ぜひカメラのおうちとしてドライボックス買ってあげてくださいね。

沼に浸かり始めてレンズやカメラボディが増えてきたぞって人は防湿庫どうぞ!

ちなみに防湿庫の中でも防カビ剤を入れた方が良いとの声もあり、ただいま検討中…。

常に40%くらいの湿度ですが、必要なんでしょうか。ふむ。まぁ、ないよりはあった方が防カビ対策としては万全ですよね。

最低限必要なもの

カメラを始めたばかりの友人のことなど思い浮かべると、とてもじゃないですけどドライボックスとか買いそうもないんですよね(汗)

Maki

え~?うちはいらないかな‥‥

って言われちゃいそう(泣)

でも、今後もカメラを使い続けたいなら、いらなくなった時に売りたいなら、ドライボックスで防カビ対策はしてほしいかな…!友人よ…!

まっとうなカメラ屋さんでカメラを売ろうとしてカビが生えていたら、買取価格はそりゃもうガッツリ下がります。

カメラ屋で思ってたより値段つかなかったからフリマサイトで売ればいいや~ってなる人が多そうだから、フリマサイトってこわいですね。

私が友人にこれだけ!お願い!これだけはそろえて!と勧めるとしたら

ドライボックス
防カビ除湿剤
クリーニングクロス
ブロアー

クリーニングクロスとブロアーは、なんなら100均でもいいです。ないより全然まし。

Maki
Maki

お願いだから、買って!
そしてちゃんと使って!

3ヶ月放置してたお前が言うかって感じですけど。備えておいて損はないです!

まとめ

カメラ沼に浸かり始めたかたはもちろん、え~?カメラ?どこにあったかな‥‥。状態の人も、これを読んでいただけたということはカメラのカビ対策が気になるってことだと思うので、ぜひ今から始めてみてください!

そして、私も放置していた子たちをブロアーでブイブイして、クロスで拭いてあげようと思います。

そして天気が良くなったら風通しのいいところで外気浴させるぞー!

1週間先まで雨とくもり予報~!!!!

よかったらシェアしてね!

コメントする

目次
閉じる