MENU
\キーワードから記事を検索/
カテゴリー
投稿日から探す
MAKI
このブログを書いた人
カメラって楽しい!
そんな気持ちをぶちまけたくてブログにしてみました。
2人の息子、夫、犬猫4匹と暮らしています。

Nikon Z fcにひとめぼれ。購入&開封!第一印象をお伝えします。

こんにちは、MAKI(@mamacamelove)です!

MAKI

Nikon Z fc、買っちゃいました!!

発表された時から何かと話題だったこのカメラ…。

例にもれなく私もひとめぼれ…。

でも今使用しているカメラが全部好きすぎて、ドナドナ(売却)するものが決められず資金繰りをどうしようかな…と発売日が過ぎても買えずにいました。

・・・・・・・

そうだ、別に何も売らないで全部手に入れればいいんだ!(←ダメな例)

ということで、はじめてマップカメラの無金利ローンを使って手に入れました!

今回は開封画像からちょっとした作例までの記事になります。

一緒に開封する気持ちで見てもらえれば幸いです(?)

目次

まずはさっそく開封!

8年ぶりくらいのNikonの箱です。

グレーのサラサラした手ざわりの箱で、高級感よりはカジュアル寄りな印象!

ぱりっ

↑ここ大事ですよ~。ワクワクが止まりません。

説明書や保証書類です。

説明書が薄いのはライトユーザーを意識してなのかな?

説明書がぶ厚いと「使いこなせるかな…」とハードル高く感じる人もいますもんね。

中ブタを開けると・・・・いました!(歓喜)

もうこの辺を撮ってる時のカメラブロガーは、みんな鼻息ふんすふんす荒いと思う。

Nikonが透けててエロいです。

チラッ

!!!軍幹部かっこよ・・・!!!!

ここに惚れた人は多そう…。

ああああ!カッコイイと可愛いが共存してるうぅ!!

たぶんこれ撮ってるときめっちゃニヤニヤしてたな…。

ボディはマグネシウムと樹脂の組み合わせです。

私自身はそんなに素材にこだわってない(つもり)ですが、メインカメラのX-Pro2もZ fcもマグネシウムボディ。

無意識にそういうメカメカしいボディが好きなんでしょうね…。

モニターの裏面もボディと同じレザー仕様。

ファインダーは丸形のアイピース。

展示品で試したときは気づかなかったのですが、割と奥行きがあって嬉しかった。

私はどうやら人より目玉が出ているらしく、よくファインダーのガラス面にまぶたが接触して汚してしまっていた。

奥行きがあるというのは本当にうれしいありがとうNikon。

・・・!!!かっこいい・・・!!

ダイヤルはすべてアルミ製で、カリカリとした操作感や触りごこちは所有欲を満たしてくれます。

私の個体は露出ダイヤルに比べてSS(シャッタースピード)ダイヤルが軽めかなぁ…という印象。わざとなのかな?

レンズ:Z 28mm f2.8

今回購入したのはNIKKOR Z 28mm f/2.8(Special Edition)というキット。

焦点距離28mm(フルサイズ換算42mm相当)
最短撮影距離0.19m
最大撮影倍率0.2倍
絞り(最大/最小)F2.8/F16
フィルター径52mm
寸法約71.5mm(最大径)×43mm
(レンズマウント基準面からレンズ先端まで)
質量約160g

重さなんと160g

万年肩こりの私には重さは本当に重要なので軽くてうれしい。ありがとうNikon様。

手に持った感じは、軽いんだけど…あれ、なんかアナタずん胴ね?

スリムではないけれど、軽くてかわいいヤツ。

うんうん、似合う似合う。

まさにZ fcのためのレンズといっても過言ではない(よね?)

いろんな方がおっしゃってますが、上からの写真を見るとわかるようにZ fcはグリップがありません。

Z 28mm f2.8くらいなら何とかなりそうですが、外付けのグリップは欲しいところ…。

SmallRigのZ fc用L型グリップを購入

純正のZ fc-GR1と迷ったのですが、SmallRigを選んだ理由は

MAKI

底の部分がシルバーだから・・・

素材はアルミニウム合金、グリップ部分はシリコーンです。

シリコーンといっても、かなり固いですのでご安心を。

グリップ部分のレザーの感じもパッと見は違和感ありません。(よーく見ると結構違います)

純正は底の部分がブラックで、カメラボディ底面のシルバー部分を隠してしまうんですよね…。

画像引用:Nikon公式サイトZ fc用エクステンショングリップ Z fc-GR1

レザーの感じや堅牢性、ボディとの親和性は純正の方が高いと思うのですが、最大の特徴でもあるレトロな外観の一部を完全に殺しちゃうんです。

個人的には、軍幹部と底面のシルバーがいいのに…!!と思いまして。

あと、純正グリップは希望小売価格18,700円(税込)します。ぐふぅ…。

MAKI

実売価格も15,000円前後です。高いですよね…(涙目)

ちなみにSmallRigはAmazonで4,999円で購入しました。(価格は変動する可能性があります)

純正の1/3の価格で、私は満足できるクオリティでした。

ちなみにグリップをつけたまま電池交換もできますし、アルカスイスに互換性があるとのことなので使っている人には嬉しい機能。

グリップなしのフィルムカメラチックな外観ももちろん好きなんですが、やっぱり安全性や使用感を考えるとグリップは必須かなぁ…。

めちゃくちゃ持ちやすい!というわけではないですが「必要十分」という感じ。

なにより底面がシルバーだから、元々のレトロさも損なわず使えるので嬉しい限りです!

Z fcの作例

まだ購入して日が浅いので作例は少ないですが、少しだけ作例を載せていきますね。

Z fcの作例
いつも試し撮りされる我が家のイッヌ
Z fcの作例
暗かったからか少しブレた…

我が家のわんにゃんを撮ってみて最初に感じたのは

「クッキリ濃い目だな・・・」

まだ設定も何もいじっていなかったのですが、とりあえず初めてシャッターを切った感想はそんな感じです。

Z fcの作例
前後のボケ方もきらいじゃないです
Z fcの作例
Z fcの作例
Z fcの作例
Z fcの作例
わたあめの粉が空中にキラキラ舞うところを撮りたかった
Z fcの作例
Z fcの作例

ここまでの写真は撮って出しです。

以下女性ポートレートはレタッチしています。

ポートレート撮影日はX-Pro2とZ fcの2台体制だったのですが、ついつい慣れているX-Pro2で撮りがちでZ fcはちょっと少なめ…(反省)

Nikon Z fcの第一印象まとめ

まだ手元に届いてから日が浅いので手探り状態ですが、少し撮ってみて思ったことは

すごくシャープで
クリアな写りだな…!

Nikonはよく「見たままを撮るならNikon」なんて言われていますが、まさにその通りというか…。

すごく正直なところ、FUJIFILMの色味に慣れていたのでFUJIFILMよりはコッテリ目でシャープな写りに戸惑いを感じてしまいました(笑)

今回たまたま友人を写す機会があって女性ポートレートを撮ることができたのですが、撮って出しの状態だと「そのままを写しすぎる」印象を受けました。

30代以降の女性の隠したいところもぜ~~んぶ撮ってくれる…という感じ(笑)

子供を撮る場合はAF(オートフォーカス)も早く、動いていてもシッカリ追ってくれるので信頼できるな!という印象です。

まだ使いこなせていないというところも大いにあるので、もっともっとたくさん使ってから改めてレビューしたいと思います!

これからよろしく、相棒!!

よかったらシェアしてね!

コメントする

目次
閉じる