MENU
カテゴリー
MAKI
このブログを書いた人
カメラって楽しい!
そんな気持ちをぶちまけたくてブログにしてみました。
2人の息子、夫、犬猫4匹と暮らしています。

子どもにカメラを渡して、一緒に写真を撮ってきた!【Canon EOS Kiss M2】

こんにちは、MAKIです!

2021年の夏、暑さとコロナ感染者の増加でどこにも行かない人が多かった夏だと思います。

私は毎年毎年夏は暑すぎてカメラを首からぶら下げるのが煩わしく、なかなか写欲が湧かなくなる季節でもあります。

Maki
Maki

「The・夏!」という写真を撮っている

方々を尊敬しつつ、SNSで夏っぽさを

わけてもらっています…

まだ本格的に暑くなる前に、子どもたちと一緒に写真を撮りに行きました。

撮りに行ったといっても、近所のお散歩にカメラを持ち出したというだけですけど…。

もうこの記事を書いているのは秋の初めですが、生暖かい目で見守っていただけると幸いです。

目次

子どもとお写んぽする時の注意

Kiss M2で子どもと一緒に写真を撮ろう

■子どもが集中して撮っているときは周りが見えていないことが多いので、大人がしっかり見守ること。
■子どもに渡すカメラに何があってもいいように覚悟すること。

子どもって集中してしまうと本当に周りが見えないことが多いですよね。

大人もその傾向はあると思いますが、子どもの没入感は大人の何倍も違う気がします。

撮影中にファインダーをのぞいたまま確認せずに後ろに下がったり、予測できない動きをすることがあります。

没入しすぎて、聞こえてるだろうと大人が判断した音でも(車やバイクの音とか)聞こえてないこともあります。

大人がまわりの歩行者や自転車・車に注意して、声掛けをしてあげましょう。

また、カメラは何でもいいです。スマホでもいいと思います。

ただ、渡すからにはそれなりに覚悟して渡しましょう。

何かあっても、渡した自分の責任です。

カメラを渡すときに「ぶつけない、落とさないように気を付けて!」と声掛けはしますが、それで安心してはいけません。

ストラップを首や手首にかけていれば落とすということはめったにないと思いますが、ぶつけるは結構あります。

ストラップで首からカメラをさげていると、

・しゃがんだ時に地面にぶつける
・狭いところを通ろうとして壁に擦る
・高いところ(石垣とか…)に登ろうとしてぶつける
Maki
Maki

大人だとありえないようなシーンで

ぶつけてくれます。。。

今回はKiss M2を渡して撮りましたが、子供用カメラを用意するのもいいと思います。

CanonやNikonからも子供でも楽しめるカメラが出てますし、Amazonなどでも中華製の安い子供用カメラがたくさんあります。

ただ、写りや性能も「それなり」のものが多そうで躊躇していたんですが…

オリンパスの「tough」というシリーズが子供に渡しても安心できそうな強靭さがあり、性能や写りも納得できそうなカメラなんですよね。

【tough TG-6の特徴】
防水15m、防塵、耐衝撃2.1m、耐荷重100kgf、耐低温-10℃、耐結露
↑すごくないですか??(笑)ほしい。

ちなみに我が家の次男坊(3歳)、兄がカメラを渡されて楽しそうに撮っているのを見て黙っているわけがなく…。

まだまだ転ぶことの多い次男には全然カメラを渡したくないのですが、渡さないと突っぱねるとギャン泣きでお散歩がより困難なものになることがわかっていたので、X-Pro2をちょっとだけ貸しました。

未就学児、特に4歳くらいまでは転びやすいですし、ピッタリ寄り添って撮ってあげてくださいね。(自分のために…笑)

Kiss M2で子どもと一緒に写真を撮ろう

Kiss M2にて長男撮影

ストラップは必ず長さ調整を

Kiss M2で子どもと一緒に写真を撮ろう。

普段大人が使っているストラップは子供にはかなり長いので、長さ調節してあげましょう。

上の写真、左の長男は首にかかる部分が太くなっているストラップだったので、髪ゴムで留めたらちょうどいい長さになりました。

次男坊のカメラは登山ロープでできているストラップなので、単純に結んで長さ調節しました。

ロープのストラップおススメです。

あわせて読みたい
YOSEMITE STRAP(ヨセミテストラップ)を購入しました! こんにちは、万年肩こりのMAKIです! 突然ですがYOSEMITE STRAP(ヨセミテストラップ)を買いました。 知ってますか?YOSEMITE STRAP。 このストラップの存在はSNSか何か...

長男撮影の写真たち

暗くなってしまったものだけ、露出調整してます。

Kiss M2で子どもと一緒に写真を撮ろう。

Kiss M2で子どもと一緒に写真を撮ろう。

だんごむし。

なぜか次男坊の足元

ミラーに写ってる自分たちを撮ってます

ピンボケが多いですけど、本当に楽しそうに撮っていました(^^)

今気づいたんですけど、撮影モードを私がいつも使っているA(絞り優先)モードのまま撮っていたので、フルオートにしてあげればよかったな…。

シャッター半押しでピント合わせもできると伝えたのですが、やっぱり気持ちが急いちゃってるのかちょっと難しかったようです。

初心者うさぎ
初心者うさぎ

カメラの撮影モード…

お気を付けください…

おまけ:夢中で撮る息子たち(母撮影)

あら?私もピントが合ってないわ

カメラを奪われiPhoneで撮影

まとめ

楽しそうに撮っている息子を見るだけでお腹いっぱい胸いっぱいになりました!

子どもなので、ふとした瞬間にやーめた!と他の遊びを始めてカメラを突き返されたりしますが、また懲りずに誘ってみようと思います!

MAKI
MAKI

丸いものを撮ってみよう!

赤いものだけ撮ってみよう!など

お題を決めて一緒に撮るのも面白そうですね!

最終的な私の夢は、息子と一緒にオーロラを撮りに行くことです…(反抗期すごかったら無理かな)

また息子と撮りに行ったら記録がてらに記事に残していきたいと思います。

ここまでお読みいただきありがとうございました!

使用したカメラ&オススメ子ども向けカメラ

Nikonのカメラも水深10mまでの防水性能、1.8mの耐衝撃性能、防じん性能、耐寒性能がついていてオススメです。

Canonのちょっと変わったカメラ↓

ディスプレイもファインダーもない、まさに感覚で撮るカメラ…。

ずっと気になってます。

よかったらシェアしてね!

コメントする

目次
閉じる