MENU
カテゴリー
MAKI
このブログを書いた人
カメラって楽しい!
そんな気持ちをぶちまけたくてブログにしてみました。
2人の息子、夫、犬猫4匹と暮らしています。

【作例あり】子連れディズニーにオススメカメラKiss M2!レンズ1本で楽しめます!

こんにちは、MAKIです!

子連れでディズニー!楽しいですよね!

MAKI

子どもたちのキラキラした表情がたまらん!

でも、子連れってめちゃくちゃ荷物が多くて、正直カメラは持っていく余裕がない…

初心者うさぎ

荷物が多いし、スマホでいいや…

という方も多いかもしれません。(気持ちメッチャわかります)

今回はKiss M2とEF-M22mm F2 STMという超コンパクトなミラーレス一眼のセットでディズニーに行ってまいりましたので、そのレポートをお伝えしたいと思います!

こんな人向けの記事だよ

ディズニーへ持っていくカメラは…
コンパクトで軽くてキレイに写るカメラが良い
レンズ交換する余裕がない
Kiss M2ユーザーまたは検討中
◎主に子どもが撮れれば良い
子連れディズニーのカメラを探している

<こんな人はちょっと違うかな>
✖ズームは絶対必要
✖ハイスペックカメラとレンズでショーなどを撮りたい
✖ちょっとのブレも許せない

目次

Kiss M2とEF-M22mm F2 STMってどんなカメラ?

Kiss M2とEF-M22mm F2 STMの組み合わせ

Canon EOS Kiss M2は2020年11月に発売されたミラーレスデジタル一眼のカメラ。

1993年に初代EOS Kissが登場してからずっと変わらず込められた想い。

家族の何気ない瞬間だって
キレイな写真で残してほしい

そんな想いでKissというシリーズが誕生したそうです。

軽くて小さい!気になるスペック

Kiss M2の仕様(子連れカメラとして気になる部分)
  • 質量:ブラック:約387g
       ホワイト:約388g
      (バッテリーと記録媒体含む)
  • 大きさ:116.3(幅)×88.1(高)×58.7(奥行)mm
  • 撮影可能枚数目安
    ファインダー:約250枚
    モニター:約305枚
    ※常温(23℃)撮影でフル充電バッテリーの場合
  • 有効画素数:2410万画素
  • 液晶モニター:タッチパネル可
    バリアングル方式※下記詳細
  • センサーサイズ:APS-C
EF-M22mm F2 STMの仕様
  • 質量:105g
  • 大きさ:60.9×23.7mm(レンズ収納時)
  • フィルター径:43mm
  • 最短撮影距離:0.15m
  • フルサイズ換算:35mm相当
初心者うさぎ

カメラとレンズ合わせて492g※ブラックカラーの場合

おおよそペットボトル1本分です。

レンズ交換できるミラーレス一眼としては、かなりコンパクトで軽い!

バリアングルってなに??

液晶画面を左側に開いて、上下に回転できる機能。

バリアングルを使えば、自撮りも簡単にできます。

(ただし、22mmのレンズだと背景はあまり写らないかも?)

Canonのブランドサイトを見ても、メインターゲットは子育て中のママやカメラ初心者の女性だと思うので、グリップ(カメラをにぎる出っ張りの部分)も女性はフィットする方が多いはず。

MAKI

他のカメラも使っていますが、Kiss M2の軽さ・コンパクトさはピカイチです♪

一眼レフからカメラを始めて8年ほどですが、重さって本当に大事です…。

もちろんその人の目的にもよりますが、

子どもの日常をバンバン撮りたい!
たくさん持ち歩きたい!

というカメラは軽いに越したことはないです。

カメラのサイズに関しては、小さすぎても使いづらくて手放してしまったことがあります。

小さければ小さいほどいい!という人もいるでしょうが、自分の手で持ってみて「シックリくる!」ものが一番大切です。

ちなみに私の手は女性の中では大きめですが、それでも握りやすくて扱いやすいです。

最短撮影距離

EF-M22mm F2 STMの最短撮影距離は0.15m(15cm)

最短撮影距離とは、そのレンズでピントが合わせられる一番最短の距離。

それ以上近づくと、ピントは合わなくなります。

最短撮影距離はレンズの先からの距離と勘違いしている人も多いですが、 「距離基準マーク※下記画像参照」からの距離のこと。

EF-M22mm F2 STMはこのマークから15cmのところまで寄れるので、ついついお子さんに近づいて撮りたくなっちゃう人にもオススメ(笑)

ストロボ(フラッシュ)も付いている

私自身はあまり使わないのですが、ストロボも内蔵されています。

ディズニーは夜になると照明などもかなり暗いので、どうしても上手く撮れないときは使用しても良いかもしれません。

初心者さんがストロボを使って人物と背景どちらもきれいに写すのはかなり難しいので、個人的にはあまり使わなくてもいいかな?と思います。

✖ディズニーのアトラクション内ではストロボ禁止の場所がほとんどなので気をつけましょう。
✖お子さんがまだ乳幼児の方は、ストロボはなるべく使わないようにしましょう。

一点だけ注意

初心者うさぎ

それは、マスクをしていると「顔+追尾優先AF」が使えない…ということ

Kiss M2の顔認識は非常に優れているのですが、マスクをしていると全く反応しません。

コロナ禍のディズニーでは、3歳以上はマスク着用が義務付けられいます。

ゆるい感じではなく、かなり徹底していました。

入り口のチェックはもちろん、ご飯の後など忘れてマスクをしていないと要所要所でキャストさんに声をかけられます。

なので子供他たちが3歳以上の年齢で日ごろ 「顔+追尾優先AF」 で写真を撮っていると、ディズニー内では使えなくなるので気をつけましょう。

日頃から「顔+追尾優先AF」以外の「1点AF」「スポット1点AF」「ゾーンAF」やAIサーボなどを使って練習してみてくださいね!

ディズニー内での作例

日中屋外の撮影

一番撮りやすい条件と思いきや、太陽の光が強すぎて白飛びや逆光に悩む人も多いです。

写真は主にLightroomと一部VSCOで編集しております。

Canon EOS Kiss M2 ƒ/2.8 SS 1/320 ISO100
Canon EOS Kiss M2 ƒ/2.8 SS 1/640 ISO 100
Canon EOS Kiss M2 ƒ/2 SS 1/4000 ISO 100
Canon EOS Kiss M2 ƒ/3.5 SS 1/320 ISO 100
Canon EOS Kiss M2 ƒ/3.5 SS 1/200 ISO 100 ピンボケしてますが好きな写真
Canon EOS Kiss M2 ƒ/2 SS 1/2000 ISO 100
Canon EOS Kiss M2 ƒ/6.3 SS 1/160 ISO 100
Canon EOS Kiss M2 ƒ/8 SS 1/125 ISO 100 
Canon EOS Kiss M2 ƒ/3.5 SS 1/640 ISO 100
Canon EOS Kiss M2 ƒ/2 SS 1/200 ISO 100
Canon EOS Kiss M2 ƒ/2 SS 1/60 ISO 320
Canon EOS Kiss M2 ƒ/2.8 SS 1/200 ISO 100
Canon EOS Kiss M2 ƒ/2.8 SS 1/800 ISO 100
Canon EOS Kiss M2 ƒ/8 SS 1/125 ISO 100

ちなみに上の写真はモロに逆光で、元の写真はコチラ↓になります

レタッチでどこまで持ちあがるかな~?と思って撮ってみました!

レタッチしたものはボヤボヤ~っと少し不鮮明ですが、細かいことは気にならない性分なので…(笑)

逆光でもとりあえず撮ってみて、帰ってからレタッチすると案外写ってたりします。

屋内・アトラクション内の撮影

レストラン内は、高機能な人間の目で明るくてもカメラにとっては暗い!と判断されることが多いです。

MAKI

ディズニーは雰囲気重視で薄暗~いレストランも多いですよね

暗いところではカメラが光を取り込もうとしてシャッタースピードが遅くなりがちなので、手振れ・被写体ブレが起きやすいのです。

暗い場所での対策
  • F値(絞り)はできるだけ開ける(小さい数字にする)
  • ISO感度は上げる(大きい数字ほど高感度)
    ※ISO感度は上げすぎると画像がザラザラとした質感になるので注意。
  • 脇はしっかり締めて、手振れに気をつける
Canon EOS Kiss M2 ƒ/2 SS 1/60 ISO 125
Canon EOS Kiss M2 ƒ/2 SS 1/60 ISO 125
Canon EOS Kiss M2 ƒ/2 SS 1/250 ISO 1600
Canon EOS Kiss M2 ƒ/2 SS 1/400 ISO 6400
Canon EOS Kiss M2 ƒ/2 SS 1/200 ISO 3200

イッツアスモールワールドは比較的明るいので撮りやすいのですが、それでも動いている船から撮影しているので少しブレてしまいます。

特にアトラクションは設定をいじる暇はないので、基本的には使い慣れているAv(絞り優先)モードで撮りました。
ISO感度とSS(シャッタースピード)はオートにしています。
最初からISO感度固定(3200~6400あたり?)でも良いかもしれません。

夕方~夜・パレードの撮影

Canon EOS Kiss M2 ƒ/2 SS 1/80 ISO 800
Canon EOS Kiss M2 ƒ/2 SS 1/80 ISO 1000
Canon EOS Kiss M2 ƒ/2 SS 1/60 ISO 640
Canon EOS Kiss M2 ƒ/2 SS 1/30 ISO 1600
Canon EOS Kiss M2 ƒ/2 SS 1/200 ISO 2000
Canon EOS Kiss M2 ƒ/2 SS 1/400 ISO 1600 この写真だけ窓と同じ正方形にトリミングしています。
Canon EOS Kiss M2 ƒ/2 SS 1/80 ISO 200
Canon EOS Kiss M2 ƒ/2 SS 1/80 ISO 640
Canon EOS Kiss M2 ƒ/2 SS 1/60 ISO 400
Canon EOS Kiss M2 ƒ/2 SS 1/60 ISO 400
Canon EOS Kiss M2 ƒ/2 SS 1/60 ISO 250

このつり革を撮った瞬間に電池が切れました。

パソコンに移した時点で360枚、カメラ内で何枚も消したので1本の電池で400枚近く撮れました。

焦点距離22mmなので、アトラクション内やパレードなど行動が制限されている場合、アップにしたくても当然近づけません。

後からトリミングするか、ショーやパレードは全体像が撮れていれば良いという人向けですね。

子供を撮る分には、アップにしたり遠目から撮ったりは自分が動けばいいだけなので、とても取り回しのきく画角だなぁと個人的に感じています!

MAKI

どうしても背景が入らない!なんて時は全然スマホで撮ってます(笑)

また、屋内や夕方~夜はやっぱりピントがボンヤリしがちです。

スマホなど小さなデバイスで見るぶんには分からないですが、アップにするとボヤっとしています。

その辺も寛容に受け入れられるかどうか…ですね。

暗い場所でのISO感度の比較

Kiss M2の感度ってどんなもんだろう?と思いまして…

アトラクションに並んでいる間、実験的に撮ってみました。

場所は「スプラッシュマウンテン」に並ぶ時の暗~い屋内です。

(スマホで見てもあまり分からないかもしれません)

撮影条件
  • ISO感度1600~26400までの5段階
  • F値は解放(F2)で固定
  • SSはオート

※なにぶん暗所撮影が苦手なので、もっと上手く撮れる方もいるでしょうし、その逆もしかりです。

かなり真っ暗な通路で、明かりを照らされて飾られていた家です。

この場所以外でも色々撮ってみたのですが、

個人的にはISO1600と3200は手振れが激しく、ISO12800と25600はノイズ(画像のガサガサした感じ)がやはり気になります。

ISO6400が一番安定していたかな?という印象を受けました。

アトラクション内はもちろん、夜の撮影などもISO6400あたりなら安定しているかも。

子どもを撮りたい場合はどうしても動いてしまうので、夜の撮影はかなり難易度高いです。

EOS Kiss M2 ƒ/2 SS 1/8 ISO 6400 比較写真と同じスプラッシュマウンテン内
Canon EOS Kiss M2 ƒ/2 SS 1/8 ISO 6400

上の写真2枚はどちらも「ISO6400」です。

上の写真はアトラクション内で本当に暗くて、7歳児でわりと静止している方ですがやっぱりブレます。

下の写真はエレクトリカルパレードを鑑賞中なので、かなり明るい光源に照らされていたからか割とキレイ。

じーーーっと見ているので静止できている、というところが一番大きいかも。

暗い屋内や夜の撮影は、できるだけ明るい照明の下で撮るなどしてSS(シャッタースピード)が少しでも早くなるようにしましょう。

MAKI

もちろん、その場の暗さなどによって適切なISO感度は変わります。

スマホなどの小さい画面で振り返って楽しんだりする分には、ISO6400の前後(ISO3200~12800)あたりでも問題ない気もします。

ISO6400でも結構キレイに感じたので、Kiss M2やるなぁ!と感心しました。

結論「Kiss M2」は頼もしい相棒!

焦点距離22mm(フルサイズ換算35mm)という距離は、被写体と遠すぎず近すぎずとてもいい距離だと個人的に思っています。

おまけにコンパクトで軽い相棒(カメラ)なら、ディズニーで1日歩き回っても負担になりません。

万年肩こりの私は、今までX-Pro2(レンズと合わせると700g弱)とディズニーに行っても、途中で首や肩がだるくなってリュックに放り込んでました。(ゴメンネX-Pro2…)

MAKI

今回Kiss M2を連れて行って、最後まで身につけていられたので自分でも驚き!

正直、発売から5年以上経っているメイン機のX-Pro2よりオートフォーカスやAIサーボも優れています。

ディズニーはまたKiss M2で行く…かもしれません。(その時の気分で決めているので…)

コンパクトで軽くて可愛いKiss M2、ぜひディズニーに連れて行ってあげてくださいね~!

ここまでお読みいただきありがとうございました!

Kiss M2はレンタルという手もあります

画像引用:レンティオ公式サイト ※価格は2021年11月時点のもの

Canon EOS Kiss M2のダブルレンズキットは、2021年11月現在で10万前後。

そんなに予算もないし、とりあえずお試しで使ってみたいんだよね…という方はレンタルもオススメです。

カメラ、家電、ガジェットのレンタル【Rentio】

レンティオで実際にレンタルした記事はコチラです。

あわせて読みたい
レンティオでレンズをレンタルしてみた! こんにちは、Makiです。 最近、カメラを向けると長男が逃げます。 兄弟で遊んでいるときはそうでもないんですが… お友達と遊んでいるとまぁ~~調子に乗って走りまわり ...

私はいまだにEF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STMをレンタル中です。(このまま13ヶ月にいくんじゃなかろうか)

月額製の利用のほうがお得に見えますが、3ヶ月利用しなければならない縛りがありますのでお気を付けください。

よかったらシェアしてね!

コメントする

目次
閉じる