MENU
カテゴリー
MAKI
このブログを書いた人
カメラって楽しい!
そんな気持ちをぶちまけたくてブログにしてみました。
2人の息子、夫、犬猫4匹と暮らしています。

ライカL(Ⅼ39)マウントをヘリコイド付きアダプターで使う方法!

こんにちはMAKIです!

このページに来ていただいた方は、まさしくタイトル通りライカL39マウントをヘリコイド付きのアダプターに着けたいけど、方法がイマイチ分からずお困りの方でしょうか??

MAKI
MAKI

私もさんざん探したんですが、Lマウントのヘリコイド付きアダプターは見つからず…。

でてくるのはライカMマウントのヘリコイド付きアダプターばかり…

もうダメなのか・・・

と諦めモードでネットやらAmazonをボーーーーーっと見ていたら、開けました、道が。

目次

そもそもなぜヘリコイド付きにこだわるのか

ライカLマウントのアダプターはピンからキリまで色々出ています。

でも、私が「ヘリコイド付き」にこだわるのはちゃんと理由があります!

それは、使いたいレンズの最短撮影距離が約1mと長いから…

1mですよ、1m。

1m以上近くに寄れないんですよ?

XF56mmF1.2 Rの最短撮影距離70cmですら慣れなくてヒーヒー言っているのに、1mってどんな世界?

ヘリコイドを使うとこんなに寄れる!

ヘリコイド付きアダプターとは・・・
カメラのレンズを繰り出すことによって、撮影最短距離をグッと縮めてくれる便利グッズ。細かい原理はよくわからんけど←え
とにかくめっっちゃ便利。
あわせて読みたい
オールドレンズ散歩【Super TAKUMAR 50mm F1.4×FUJIFILM X-Pro2】作例たっぷり! こんにちは、MAKIです! オールドレンズが気になっているけど、写りとかどんな感じなのかな?という方 オールドレンズが好きで色んなレンズの作例が見たい!という方 今...

上記の記事で触れた、ヘリコイドについての説明です。(説明できてないけど)

この最短撮影距離1mのレンズをどこまで寄れるようにしてくれるのか…!

先に結果からお見せしますね。

ヘリコイド無し

一番寄れるところでざっくり97cmってとこでしょうか。

被写体も小さくしか写せません。

ヘリコイド有り

見てくださいこの変化!!

大体ですが44cmくらいまで寄れるようになります。

被写体もこんなに大きく(´;ω;`)ブワッ

私がヘリコイド付きにこだわる理由がお分かりいただけたでしょうか。

変換アダプターを使う!

では、L39マウントをヘリコイド付きアダプターを使う方法です。

こんな便利なものがあったんですよ!

ライカL39マウント→ライカMマウントに変換できます。

文字が書いてある方がレンズ側になります。

使い方は簡単。くるくるとねじ込むだけです。

ねじ込むとこんな感じです。

今回のレンズは銀色なので、最初からこのマウントだったかのようにピッタリです。

ただし、ピッタリすぎてめちゃくちゃ外しにくいです。

価格も1,280円(2019年12月購入時の価格です)とお手頃だったので、これはこのレンズ専用としてつけっぱなしにしようと思っています。

ライカMマウントのヘリコイド付きアダプターに装着!

ライカMマウントはヘリコイド付きマウントアダプタが何種類かあるので、好きなものを選ぶとよいでしょう。

今回L39→Mレンズに変換するアダプターがPixcoというメーカーのものだったので、同じメーカーのヘリコイド付きアダプターにしました。

Maki
Maki

どんなメーカーの物がいいか分からない…

と悩む方も多いと思います。

私も最初は評判のいいK&F Conceptというメーカーに惹かれていました。
(このメーカーのライカLマウント用を所持してます)

K&F ConceptのL39→Mマウント変換アダプターが2,000円前後で、これはまあ許容範囲です。

しかしヘリコイド付きのアダプターは作っていないようで、K&F Concept輸入元の焦点工房のアダプターしかなく、お値段20,000円程…。(2019年12月現在)
(FUJIFILM変換用は2万で、Sony変換用は1万ちょっとだった。悲)

2つ合わせて22,000円と、レンズよりだいぶお高めになってしまう…

Maki
Maki

22,000円…。

富裕層ではないので考える間もなくPixcoにしました!

お値段は6,000円弱で、めっちゃお手頃!というわけではないです。

PixcoはネットやAmazonの口コミで悪く書かれていることもありますが、私は今のところハズレは引いておらず快適に使えています!

今使っているM42用のヘリコイド付きアダプターもPixcoの物で、問題なく使えていることも決め手のひとつになりました。

20万30万のカメラでも初期不良とかありますからね。

価格重視で買うときはある程度覚悟も必要かも(^^;

とはいえあまり安すぎるものは口コミを見る限り問題も多いようなので、K&F ConceptやPixcoはなかなかオススメですよ!

レンズを装着するとこんな感じです。

ガタつくこともなく、しっかりハマったので一安心でした!

カメラにつけた感じ

問題なくつけられている感じに見えますが、ちょっとだけ惜しいところが…

アダプターのリング部分が結構大きめなので、カバーにおもいっきり干渉しました。

カバーを挟んでしまう形なので、アダプターをはめるときはちょっと固かったです。

カバーを外す気はありませんので、むしろ着けられてよかった。

そしてもう一つの問題がこちら

レンズを外すときのボタンに思いっきりかぶります。

付けたあと一瞬、え!?とあせりました…

メチャクチャ押しにくいですが、なんとか押せるのでヨシとします。

と、少し難ありですが何とかヘリコイド付きアダプターを付けることができました!

まとめ

ヘリコイドにこだわったくせにあまり寄ってない写真ですが←

さっそく撮りに行ってきました!寄れるって快適!!

人によると思いますが、被写体に寄れないのはかなりのストレスになります。

自分の普段の撮影スタイルを思い出して

カメラ君
カメラ君

いつもめっちゃ被写体に寄ってるかも…

と思い当たる節がある方は、ぜひヘリコイド付きアダプターをおススメします!

L39マウントの寄れないレンズをお持ちで悩んでいる誰かの参考になれば幸いです。

今回使用した機材

よかったらシェアしてね!

コメントする

目次
閉じる