MENU
カテゴリー
MAKI
このブログを書いた人
カメラって楽しい!
そんな気持ちをぶちまけたくてブログにしてみました。
2人の息子、夫、犬猫4匹と暮らしています。

4本のレンズを持って2020年の曼殊沙華を撮ってきました

こんにちはMAKIです!

今日は現行レンズからオールドレンズまで、重~い腰をあげて曼殊沙華(まんじゅしゃげ←彼岸花のことです)を撮ってきました!

今回使ったレンズ
・FUJIFILM XF23mmF2 R WR
・ELITAR SOLIGOR(1インチ1/2)
・Industar-61 L/Z 50mm M42
・Carl Zeiss Makro Planar T* 100mm F2

毎年9月後半に、埼玉県の巾着田に曼殊沙華を撮りに行っているんです。

しかしコロナ禍の今年は曼殊沙華祭りの開催が中止となり、花も刈り込まれるとのことでガックリ…。

色々SNSを徘徊していたら近隣の公園に良さようなスポットがあり、自転車でサーーーッと行ってきました!

それぞれ結構特徴があって、面白い作例になったと思います。

気になるレンズがあれば目次から飛んで是非ご覧ください!

目次

XF23mmF2 R WR

XF23mmF2 R WRとX-Pro2

こちらのレンズはフルサイズ換算35mm相当で、個人の感覚としては広くは撮れないけど、望遠レンズでもない「絶妙な画角」なんです。
(参考:【作例あり】FUJIFILM XF23mmF2 R WRは絶妙な画角の素敵レンズだった)

最短撮影距離は22cm。

お花をアップで撮るよりも、曼殊沙華の群生全体を撮るのに利用しました。

XF23mmF2 R WRで撮影の曼殊沙華

XF23mmF2 R WRで撮影した曼殊沙華

XF23mmF2 R WRで撮影した曼殊沙華

(iPadでレタッチした色味とPCモニターの色味がだいぶ違うなぁ‥‥)

本当に全体写真ばっかりで、すこしは寄りの写真も撮っておけばよかったと少し後悔です…。

こじんまりした群生だったので、フルサイズ換算35mmくらいでちょうどよかったかもしれません。

広大に生えているところは、もっと広角で撮ってみたいですね!

ELITAR SOLIGOR(1インチ1/2)

ELITAR SOLIGOR

ELITAR SOLIGOR(エリターソリゴール)はPENTAXのQマウントのカメラにしか装着できないワガママなレンズです。

このレンズ1本を使ってみたいがゆえに、わざわざPENTAXのQ-S1というカメラを買いました。
(参考:今さらPENTAX Q-S1を購入。どうしてもこのレンズを使ってみたかった。)

焦点距離が1インチ1/2(ミリにすると38.1mm)、35mm換算にするとおよそ175mmという望遠レンズになります。(Twitterで詳しい方に教えて頂きました!感謝!)

カメラに装着するとこんな感じです。

PENTAX Q-S1とELITAR SOLIGOR

鼻がながーい感じになって、コンパクトだけどちょっとヘンテコなカメラでお気に入りです(^^)

そして今回このカメラとレンズで撮ってきた曼殊沙華がこちら。

ELITAR SOLIGORで撮影した曼殊沙華

ELITAR SOLIGORで撮影した曼殊沙華

Q-S1、ELITAR SOLIGORで撮影した曼殊沙華

Q-S1、ELITAR SOLIGORで撮影した曼殊沙華

明るさなどを微調整していますが、その他はいじってません。

ELITAR SOLIGORは他の作例も撮ったのですが、とにかく「透明感」がすごい…と個人的に感じております。

ただ、Q-S1はチルト液晶ではなく、さらに液晶画面も小さいので途中で腰が痛くなってしまい、あまり撮れなかったです(涙)

今回はあまり撮れなかったですが、背景がぐるぐるボケにもなりやすくておもしろい写りになります!

ELITAR SOLIGORの他の作例が見たい方は「オールドレンズ散歩【ELITAR SOLIGOR×PENTAX Q-S1】作例あり!」もどうぞ!

Industar-61 L/Z 50mm M42

「面白い写真が撮れるかな?」と、遊びで持っていったIndustar-61 L/Z 50mmが、ものすごくいい仕事しました。

写実的に撮りたい人には向かないかもしれませんが、とにかく「幻想的」「キラッキラ」に撮りたい人にオススメです。

Industar-61 L/Z 50mmで撮影した曼殊沙華

イマイチ星になってない(汗)

Industar-61 L/Z 50mmで撮影した曼殊沙華

Industar-61 L/Z 50mmで撮影した曼殊沙華

Industar-61 L/Z 50mmで撮影した曼殊沙華

Industar-61 L/Z 50mmで撮影した曼殊沙華

このレンズの写真は思いっきりレタッチしてます。

その方がキラキラ増し増しになるので!☆★

こんな雰囲気の写真が好きな方は、フレアやゴーストが出やすくてクッキリもふんわりも撮れるオールドレンズが相性良いかもしれませんね。

Carl Zeiss Makro Planar T* 100mm F2

Makro Planar T* 100mm F2

コロナのストレスからか、なぜか急にポチッてしまったカールツァイス。

でも、真夏の暑さとこの重さをなかなか持ち出すテンションにならず…

約3ヶ月は身をひそめたまま…ようやく本格的にお目見えしました。(ごめんよ)

このレンズの重さは660g。

ボディのX-Pro2と合わせて約1.1㎏なので、そこまで重くないはずなのに…

使っていると腕がプルプルしてきて、自分の体の衰えを感じられるレンズです。

さきほどのIndustar-61 L/Z 50mmとは打って変わって、「黒と赤」

ダークな中で光り輝く雰囲気になりました。

1枚目の、まるで発光しているかのような写真がこの日一番のお気に入りです。

ピントリングがものすごくなめらかで、レンズを変えて一番最初にピントリングを回したときに「うぉっ…!」と声が出たほどです。

Carl Zeissのレンズは初めて使ったのですが、噂にたがわぬ描写力と使い心地に大満足で‥‥他のレンズも欲しくなっちゃいました!

どのレンズかなクイズ

MAKI
MAKI

突然のクイズ!!!

さて、どの写真がどのレンズでしょうか???

XF23mmF2 R WRは花のアップを撮っていないので除外しています。

ELITAR SOLIGORで撮影した曼殊沙華

Industar-61 L/Z 50mmで撮影した曼殊沙華

はい!

インダスターだけ恐ろしく簡単でしたね!

というか、全部簡単だったかもしれません(^^;)

答えは‥‥

 

 

 

 

 

1枚目:ELITAR SOLIGOR
2枚目:Makro Planar T* 100mm F2
3枚目:Industar-61 L/Z 50mm

でした!

全部当たりましたか??

それぞれに個性が合って面白いですね~

まとめ

Maki
Maki

みんな違って、みんないい

好みはそれぞれあると思いますが、こうやって同じ被写体を色んなレンズで撮ると、その子の個性がキラリと輝いて良いなと思いました。

XF23mmF2 R WR以外はマニュアルフォーカスなので、我が子(ハッスル男児2人)を撮るのは結構難易度高いんですよね~。

お花はいいですね☺風に揺られる以外は黙ってそこにいてくれるので‥‥

もうすぐ木々が紅葉してくるので、そのときまた色んなレンズで楽しみたいと思います!

ここまでお読みいただきありがとうございました!

よかったらシェアしてね!

コメントする

目次
閉じる