MENU
カテゴリー
MAKI
このブログを書いた人
カメラって楽しい!
そんな気持ちをぶちまけたくてブログにしてみました。
2人の息子、夫、犬猫4匹と暮らしています。

初心者にオススメのカメラ◯選!では、あなたにベストなカメラは見つからない。

こんにちはMakiです!

今回のテーマは、私が友人によく聞かれる質問、

どんなカメラがオススメ?

もうね、これは結論から言います。

 

 

MAKI
MAKI

気に入ったものを買う!

 

え?と思わないでください!本当にそれだけでいいんです!

スペックとか素人が気にしてもしょうがないんです。とにかく気に入ったものを買え!という事です。大事なことなので2度言いました。

目次

カメラの機能などは気にしなくていいの?

画質が綺麗なものがいい!!

カメラの画質?画素数?とか気にしなくていいの?

これ、すごい聞かれます。画質・画素数。なぜなんですかね?

これも結論から言うと、あなたがポスターくらいの大きさに引き延ばして鑑賞する等の用途でなければ気にしなくて大丈夫。

SNSに載せたり、印刷してアルバムを作るくらいの用途なら素人には違いは分かりません

Maki
Maki

私もわかりません(キリッ)

動くものをビシッと撮りたい!!

ひとこと言わせてください。

Maki
Maki

私もいまだにピンボケ写真を量産してます。

偉そうに記事書いてるくせにすみませんっ!

動く子供を撮るのは至難の技なんですよね。(言い訳)

なのでカメラ買ったらすぐビシーっ!とかっちょいい写真が撮れると思ってたら気をつけてください。

ビシーっと撮るには練習が必要です!

最近見た記事ではあえてピンボケにすると、クッキリしすぎず絶妙な感じになり、フィルム写真のような…遠い過去のような…ノスタルジックな雰囲気に撮れる手法もあるとのこと。

(決して上のような写真じゃなかったです、その記事の写真は。もっと絶妙。)

背景がボケた写真が撮りたいんだけど…

大多数の方がこの背景ボケをやりたくてカメラを手にするのではないでしょうか。

わかりますわかります。

私もその一人ですから。いまだに、ボケが大好物ですからー!!

いい感じの写真が撮れるとニヤニヤがとまりません。

しかしカメラを買ったからといって、アタマで思い描いている理想の写真はすぐには撮れません

厳密にいうと撮れなくはないですが、撮り方の工夫が必要なので、右も左も分からない初心者さんにはなかなか難しいです。

背景のボケた写真を手っ取り早く何も考えずに撮るなら、カメラ本体ではなくレンズを選びましょう!

あわせて読みたい
カメラを買う前に読んで欲しいお話。 カメラを始めよう思っていてこのページにたどり着いてくれた方、ありがとうございます! カメラブログを書いているMAKIと申します(^^) まずは、カメラをはじめようか...

ボケ写真の作り方についてはまた別記事で取り上げたいと思います。

じゃあ、何を基準に選べばいいの…

Maki
Maki

冒頭にお伝えした通り、

それはもう、あなたの好みで決めていいんです。

それは「初心者にオススメのカメラ◯選」「初心者にオススメの機種」の記事には書いてありません。

一眼レフ、ミラーレス一眼、それぞれ利点欠点あります。

どちらかをイチオシしてる記事もあるでしょう。

でも最近の一眼もミラーレスもとても素晴らしいので、素人が分かるほどの機能差はないです。

実際、カメラのことはよくわからない友人と家電量販店でカメラを見ていると、どれを触っても「わーすごい!やっぱり一眼レフはきれいだね~!」という感じですし。

そもそも本当の初心者というのは一眼レフ?ミラーレス??なにそれおいしいの?状態。スペックがどうとか、そんなの気にしなくていい!!!

なぜ好みで決めていいかというと、

気に入ったものじゃないと持ち歩かなくなるから!

なんだか分からないけど初心者にオススメだからという理由で買ったカメラなんて、数ヶ月、いや最悪数日でお部屋のインテリアか収納のこやしになります。

カメラは持ち歩かないと意味がないんです。

当たり前なんですけど、本当に本当に。

初心者うさぎ
初心者うさぎ

見た目が可愛かったら。

カメラ君
カメラ君

全然OK

初心者うさぎ
初心者うさぎ

荷物が多いからコンパクトさ重視!

カメラ君
カメラ君

全然OK

まぁ強いて言えば持ち歩くのが大前提だから、重さや大きさは気にした方が良いかな…?

持ち始めは大したことなくても、ずっと肩掛けしたり手に持っているとズッシリくるんですよね…。

もし可能なら、ネットで買う前にお店で実物を触ることを強くオススメします。

重さや手に持った感じ、シャッター音、操作感はできれば確認したほうがいいです!

まとめ

「初心者おすすめ〇選!」は見ていて楽しいです。

こんなにまとめて下さってありがとう、と思いつつ、情報集めのひとつとして活用しましょう。

その記事で気になったものがあれば、そのカメラメーカーのページを舐めるように見ましょう。

さらに物足りなければ、ハッシュタグ(SNSの#ってやつです)でそのカメラ名を入れれば、その機材で撮られた写真がたくさん出てきます。

好きなフォトグラファーさんがいるなら、その方と同じカメラでももちろん良いです。真似したって誰もとがめません。

とにかく自分が好きと思える、愛着の湧く1台を見つけてほしい!

「私は初心者だから初心者用‥‥」などとは決して思わず、好きなカメラを選んじゃって下さい。

どうか素敵な出会いがありますように…(*^^*)

ここまでお読みいただきありがとうございました!

よかったらシェアしてね!

コメントする

目次
閉じる