MENU
カテゴリー
MAKI
このブログを書いた人
カメラって楽しい!
そんな気持ちをぶちまけたくてブログにしてみました。
2人の息子、夫、犬猫4匹と暮らしています。

【作例あり】実は万能レンズ!FUJIFILM XF16mmF1.4 R WR レビュー!

私は今FUJIFILMのX-PRO2を愛用しているのですが、FUJIFILMのレンズ達が非常に優秀なのでぜひ皆さんにお伝えしたいです!!

その中で今日は「XF16mmF1.4 R WR」についてご紹介します。

このレンズは35mm換算で24mm相当の画角なので、スマホで撮るときと同じような画角になります。

(最近はレンズが2つ3つ付いたスマホもあるのでそちらはもっと広角な場合がありますが、シングルカメラのスマホの画角は24~28mm前後が多いようです)

広角は何だかちょっと苦手…という方も多いようですが

実はスマホから新たにカメラへステップアップする方にもとっつきやすいオススメのレンズなんです!

目次

なぜこのレンズを選んだのか

※もうXF16mmF1.4 R WRに決めてるんだ!って人はここは読み飛ばしてください(^^;)

このレンズは2018年の10月に購入したのですが、その時に同じような画角のレンズで散々迷いました。

XF18mmF2 R

XF16-55mmF2.8 R LM WR

XF14mmF2.8 R

そしてこのXF16mmF1.4 R WR

私の候補はこの4本でした。

※なんと今年(2019年3月)にXF16mmF2.8 R WRという素敵なレンズが出てます!今から検討される方はかなりかなり悩ましいのでは…苦笑

候補①XF18mmF2 R

このレンズは何と言っても携帯性が抜群なところ!

パンケーキレンズとまではいかないものの、

116gという驚異の軽さ!

実際に店頭で持った時は

「かるっ!!」

って声が出ちゃいました。

フジノンレンズはつくりがシッカリしているので、レンズ群はどれもズッシリ重めのイメージだったので。

35mm換算で27mm相当と、

よりスマホに近い画角でもあります。

カメラにつけっぱなしにして、気軽に持ち出すには最適なレンズだと思います。

購入にしなかった理由は、たかが2mmですが私の好きな日本家屋の室内などを撮るときには少しでも広角なものが欲しかったのと、口コミでジコジコ音がうるさいというものが何件かあったため。

でもいつか手に入れたい1本です!!

候補②XF16-55mmF2.8 R LM WR

こちらは通しでF2.8という素敵なズームレンズです。

初心者の皆さんは通しでF2.8とか言われても、

「???」かもしれませんのでご説明すると、

たとえば「XF18-55mmF2.8-4」というレンズもF2.8じゃん!

と思うかもしれませんが、F2.8が使えるのは一番広角側の18mmで撮っている時だけなんです。

望遠側の55mmにすると、F値は最低でも4になってしまいます。

そうするとボケが作りづらかったり、暗いところでの撮影が少し不利になってしまうんです。

なので18mmで撮っても55mmで撮っても、F2.8で撮れるこのレンズはすごい!!ということになります(*^^*)

しかも赤バッジという

「圧倒的な描写性能と機動力を誇る

最高級シリーズ」※FUJIFILMパンフレットより

の中の1本ですよ。憧れちゃいます、赤バッジ…。

(公式ではレッドバッジといいます)

しかし最高級だけあって、お値段もですがけっこう

ゴツイ…。(655g)

子連れだとズームレンズは非常にありがたいのですが、フルサイズ一眼も持っている身としてはミラーレスにはそこそこの携帯性も求めています。

あとは口コミで、おなじ16mm画角の描写力はやはり単焦点にはかなわない!というものを何個かみつけて、却下となりました。

候補③XF14mmF2.8 R

最後まで迷ったのがこれです。

なぜなら先述したとおり、たとえ2mmでも広角の方がいいから…!!

なにか広く撮りたい被写体があって、もうこれ以上後ろに下がれない!なんてときに、

この2mmが効いてくると思うんですよね。

なので店頭でこの14mmと16mmをずーーーーーっと試し撮りしてました(笑)

そして試し撮りしている時にXF16mmF1.4 R WRの撮影最短距離(15cm)に感動して、最終的には14mmではなく16mmに決めました!

XF14mmF2.8 Rの最短撮影距離も18cmとたいして変わらないんですが、ギリギリまで近づいて撮ると個人的には結構違いを感じました…!

おまけ XF16mmF2.8 R WR

こちらは私が購入検討している時には発売されていなかった、2019年3月に発売されたレンズですね。

155gと小型で軽量!

防塵・防滴!

XF16mmF1.4 R WRの価格の

半分以下!(メーカー希望価格)

とにかく小さい・軽いは正義です。特に荷物の多い子連れにとっては…!!

いや~~このレンズがあったら相当迷っただろうなぁ…。

すんごい魅力的です、このレンズ。

ちなみにFUJIFILMのカタログを見ると価格もXF16mmF1.4 R WRに比べて手を出しやすい価格…。

XF16mmF1.4 R WRは

プレミアム単焦点レンズ

<高い光学性能と大口径が生む美しいボケ味が魅力>

XF16mmF2.8 R WRは

コンパクト単焦点レンズ

<小型軽量で機動力に優れたコンパクトシリーズ>

という位置づけになっています。

F1.4とF2.8の差は大きいと思います。

しかしその感じ方や、それよりも大きさや価格重視の方もいると思いますし一概にどちらが良いとは言えません(^^;)

これを書いている時に簡単に撮った比較画像です。

パソコンの電源ランプの玉ボケとか結構違いますよね。

※比較画像はXF16mmF1.4 R WRで撮っているので、絞ってF2.8で撮るのと、XF16mmF2.8 R WRの開放F2.8で撮るのとは多少違うと思うのでご注意を。

でも、きっと私だったら結局F1.4の方を買うかなぁ…なんて思います。

ボケ味がより大きい方が好きなので(*^^*)

XF16mmF1.4 R WRのスペック・外観

個人的に気になったスペックは

☆焦点距離:16mm(35mm換算:24mm相当)

☆質量:375g(フード含まず)

☆最短撮影距離:15cm~

☆絞り値:F1.4~F16

☆防塵・防滴機能付き

☆価格:メーカー希望小売価格:149,000円(税別)

(私はマップカメラさんで中古の並品を79,800円(税込)で買いました。)

こんなところですかね。

女性は特に重さやサイズ感も気になるところです。

写真の通り、すごく小さいわけではないです正直。

X-PRO2(495g)に装着して首にぶら下げると、ちょっとだけズシッとします。

でも一眼レフの明るい広角レンズなんて買おうとすると、もっと大きくもっと高いので気にしないことにしました(^○^)笑

X-PRO2に装着するとこんな感じです。

う~ん、かっちょいい・・・・(●^o^●)

フードをつけるとこんな感じです。

最短撮影距離が15cmなので、フードをつけた状態ならフードのギリギリまで近づくことができます。

フードを使わないときは3枚目のようにひっくり返した状態で装着しておけます。

X-PRO2に装着した感じは、バランスもよくツヤツヤの黒いレンズがとってもよく似合います。

X-PRO2はカッコよすぎてニヤニヤしながらカメラ自体を撮りたくなってしまうんですよね。(X-PRO2ユーザーに向けての同意)

XF16mmF1.4 R WRの作例

公園の緑など

スマホと似た画角だけあって、構図もスッと決まりやすいです。

「いいな」と思った景色をカッコよく切り取ってくれます。

ぶっちゃけ、構図がイマイチだった!なんて時も

広角なら編集でけっこう直せちゃいます!

XF16mmF1.4 R WRの表現力や解像度は素晴らしいので、多少リサイズして拡大しても全然気にならないのでは?と思います。

街中スナップ

私、街中を撮るのが苦手なんです。

どこを撮ったら良いのかわからないというか…とにかく苦手なんです(涙)

なのでサラッと撮ったのですが、どうでしょう??

それなりに撮れてると思いません?(汗)

それもこれも、XF16mmF1.4 R WRとX-PRO2のおかげなんですけどね…

作例追加

物撮り、建物や人物、夜の撮影を追加しました。

ディズニーにもこのXF16mmF1.4R WR1本で行ったことがあります。

ショーなどをズームで撮りたい人にはおススメしませんが、我が家はジジババなど含め8人で行ったので、近距離でも広角に写せるこのレンズは大活躍です。

また、F1.4の明るいレンズなので、夜も開放でパレードや暗いアトラクション内を撮ることもできます♪

じじと孫。流し撮り難しい!

XF16mmF1.4 R WRの気になるところ

正直そんなにないのですが、しいてあげるとしたら

★お値段がそれなり…(2019年6月で11万前後)

★手振れ補正がない

★コンパクトさを求める人にはちょっと大きい

★建物内の撮影は、あと一歩下がりたくなってしまう。

くらいでしょうか。お値段はかなり重要ですよね…。

私もローンとかいろいろ考えました。。。結局中古で一括です。

手振れ補正もないのですが、そこは気になったことはほぼないです。

F値が1.4と明るいので、日中屋外で撮る分には意外と困らないと思います。

屋内で動く子供を撮ったりするのは、手振れ補正うんぬんではなく色々難しいのでそちらはまた別記事に書きたいと思います!

大きさも性能から考えると充分コンパクトです。私は気にならないです。

ですが、カメラ初心者の方や女性視点で見ると、手に持ったときズシッと感じるかもしれません。

レンズを着けた状態で持ち歩くと若干かさばるかなぁ~と思います。

建物内というのは、観光地になっているような建造物で素敵なお部屋を撮ったりするときに、あともう少し広く写してほしい…!と思うことが何回かありました。

また、不動産の仕事をしていた時は室内は10mmの広角レンズ(35mm換算で15mm相当)を使って撮影していましたが、多分この16mmの画角では物足りないなーと感じております。

しかし気になるところはそれくらいで、それも気にならないほどのパフォーマンスをしてくれます!!

広角レンズが欲しくなったらぜひ!

冒頭にも触れましたが、広角レンズは苦手な人も多いようです。

余計なものまで写ってしまう、とか

構図がむずかしい、とか

色々言われていますが難しいことはあまり考えず、まずはこのレンズで撮ってみてほしいです!

旅行などではどのレンズを持っていくか迷いますが、子連れはとにかく荷物が多くてレンズも変えるのが大変なので、私はこのレンズだけ持ち出すことが多いです。

旅先の風景を広く写せますし、

子ども達も周りの風景と絡めてしっかり撮れ、

さらに15cmまで寄って撮れるので、お料理も全体・単体でバッチリ撮れます!

余計なものが写ったらトリミングしちゃえばいい。

あとから見返したら、その余計なものがいい味出してることもあります。

子どもの背景に洗濯物写っちゃってるかもしれませんが、30年後に見返したら

「あの頃は子供の世話に追われて洗濯物たたむ暇もなかったなぁ…」

「干してある服小さいなぁ…」

なんてしんみりしたり。

・・・話が脱線しましたが、

標準ズームレンズから変化をつけたい人

スマホと同じ感覚(画角)で撮りたい人

被写体に寄れる広角レンズが欲しい人

F2.8では物足りない人

そんな人はぜひぜひ、こちらのレンズ本当におすすめです!

あわせて読みたい
【XF16mmF1.4R WR×X-Pro2】と思い出の街をお写んぽ こんにちはMAKIです! 久しぶりにXF16mmF1.4R WRを持ち出して撮ってきました。 すっかり手になじんだX-Pro2と一緒に行く、思い出の街。 生まれた街ではないけど…4歳か...

ちなみにフィルターはマップカメラさんオリジナルのを使ってます。マップカメラさんは中古の種類や在庫も豊富!

文字などは入っていない黒のシンプルなフィルターで美しいX-PRO2のデザインを邪魔せず、問題なく使えています。コスパ良し!

その他レンズレビュー

あわせて読みたい
【作例あり】FUJIFILM XF23mmF2 R WRは絶妙な画角の素敵レンズだった こんにちは、MAKIです! XF23mmF2 R WRが気になっているそこのあなた。 焦点距離23mm(フィルム換算35mm相当)ってどう思います? 一応フィルム換算35mm以下が「広角」の...
あわせて読みたい
【作例】XF35mmF1.4 Rを3年使ってみて本音レビュー! こんにちは、MAKIです(@mamacamelove) 今回は発売日が2012年にも関わらず、いまだに根強い人気を誇る XF35mmF1.4 R ”神レンズ“とウワサの高いこのレンズ。 SNSなどでも...
あわせて読みたい
XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WRレビュー!やっぱり欲しい便利ズームレンズならコレ! こんにちはMAKIです! 単焦点ラブラブ大好き人間の私ですが、唯一持っているズームレンズがあります。 XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR もう、焦点距離からして便利そう...
あわせて読みたい
【作例あり】FUJIFILM XF56mmF1.2 R レビュー! こんにちはMAKIです! 今日は神ポートレートレンズと名高い XF56mmF1.2 R についてご紹介していきたいと思います! 作例を探していたらほぼ子供(時々お花)しか撮ってい...
よかったらシェアしてね!

コメントする

目次
閉じる